城野印刷所100年を辿る

時代に合わせて進化してきた城野印刷所の100年の歴史をご紹介いたします。

1900

熊本市二本木にて、コロタイプ印刷専業の「城野写真印刷所」を個人開業
熊本市手取本町48番地に移転
空襲により焼失し休業
コロタイプ印刷再開、併せて活版印刷操業開始
初代社長 城野楯夫

1950

オフセット印刷操業開始
合資会社を「株式会社 城野印刷所」に改組
二代目社長 城野 曠(襲名して、城野楯夫)就任
沖縄連絡所開設
熊本市春竹町1433に本社及び工場移転
コロタイプ製版
太平洋戦争後の手取本町工場

1970

福岡営業所開設(福岡市中央区白金1丁目6-21)
BF印刷操業開始
熊本県上益城郡益城町広崎1630-1に本社・工場新築移転
三代目社長 城野 巖就任
琴平町工場
益城町工場

1990

東京事務所開設
沖縄営業所移転(那覇市東町24-7)
東京事務所移転(東京都渋谷区宇田川町2-1-1307)
80周年記念台湾旅行
80周年記念北海道旅行

2000

四代目社長 城野敏就任
福岡営業所を福岡支店に昇格し、熊本市中央区高砂1-11-1に移転
五代目社長 城野斉就任
熊本地震発生により社屋全壊
新社屋完成 操業開始